淡路島の野鳥
当Blog内の画像・文章の著作権は、管理人(MSKD019)に帰属します。許可なく無断転載・使用は一切禁止しています。画像等を利用したい方は、管理人までご一報をお願い致します。

- MAIN CONTENTS ---
Main Page
BBS
雑記帳
とんぼBLOG
観察・撮影機材

- LINK --------------
dckenの鳥撮り日記
野鳥観察日記
鳥壁-Bird wall-
Birding Italy Net


「バンディング」って、なに?


最近、変なスパムトラックバックが増えてきましたので、TBはエキサイトブログユーザーに制限させていただいています。
他ブログユーザーの方には大変申し訳ございませんが…何卒ご理解よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントはどなたでも自由に書込みできます。
お気に入りブログ
カテゴリ
<   2005年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
銚子カモメ遠征 PartⅡ (ワシカモメ)
今日は…ワシカモメです!

成鳥冬羽
c0031561_2175837.jpg
[D70 : Ai AF-S Nikkor ED 300mm F/4D+TC-17EⅡ]
クチバシの基部が肌色(?)で、黒斑も残っていることから…
亜成鳥(サブアダルト)でしょうか?
私だけお昼を用意していなかったので、漁港脇のコンビニでおにぎり買って…
先に行ってる皆さんと合流しようと歩いているときに見つけました!
しかし…あまりに近かった(>_<)
サンヨン+1.7倍テレコン(約500mm)でも全身が入りきらなかったので、港内を通るトラックに跳ねられないように周囲を キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ しながら、後ずさりして撮影しました。
c0031561_2114973.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm
終盤に見られた個体なんですが…クチバシの斑の出方などを見ると、どうも同一個体のようです。

第1回冬羽
c0031561_21171780.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm ・トリミング
c0031561_21304697.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm ・トリミング
この日、最初に見たワシカモメは、この若鳥でUさんが見つけてくれました♪
肩羽に若干灰色の羽毛が混じっており、顔も白味が出てきていることから…第1回冬羽と第2回冬羽の中間的な個体だと思います。
ワシカモメの第1回冬羽は、前回の遠征後記でも触れましたが…全体的にのっぺりとした灰褐色で、初列風切の色は、背の灰褐色と同じくらいの濃さです。また足の色が黒っぽいピンク色をしているのも特徴です。

ワシカモメの体形的な特徴は、初列風切の先端が尾羽の先端より少し出ている程度で、他の大型カモメに比べて、ガッシリとして重そうに見えます。
クチバシも太くってガッシリしてますね!^^

どちらかと言うと北日本に多く、淡路島では見れないカモメなので…
もっと沢山見たかったのですが、結局、この2個体(?)しか見ることができませんでした。

                                                  …つづく
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-30 21:35 |  銚子カモメ遠征
銚子カモメ遠征 PartⅡ (オオセグロカモメ)
今日は、オオセグロカモメです!

成鳥 冬羽
c0031561_20594154.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm
背中の濃い灰色が普通に見られるオオセグロよりも濃い…
って言うか、ほとんど黒に近い個体です。
羽毛もあまり擦れておらず、キレイな個体でしたよ~♪

第1回冬羽
c0031561_217464.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm ・トリミング
これは全体的に白っぽい第1回冬羽の個体です。

この日の銚子は、オオセグロカモメはあまり数が見られませんでした。
Uさん曰く…日によっては、オオセグロカモメがドカっと入る日があったり、カナダカモメばかり目に付く日があったりするそうです。

オオセグロカモメも、淡路島で普通に見られる種なので…
ウミネコ同様に、ちょろちょろっと撮影しただけなのでした(^_^;)

                                                  …つづく
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-29 21:14 |  銚子カモメ遠征
銚子カモメ遠征 PartⅡ (ウミネコ)
まず、紹介するのは…ウミネコです。

「な~んだ!ウミネコかぁ…」って言わないで下さい (>_<)

通称 シロネコ (ウミネコ成鳥・部分白変個体)
c0031561_20524698.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm ・トリミング
翼の上面が白く白変した個体です。
上面以外は、フツ~の色をしているので部分的な白変個体なんでしょう!
最初に見たときは、背中を向けて顔が見えなかったので「ちょっと変わったユリカモメかな?」ぐらいに思っていました。
で、このウミネコを素通りして、他のカモメを観察していたときに
Uさんが、「白いウミネコがいるよ~」と教えてくれた訳です(^^;)
ちなみに『シロネコ』の通称は、その場でUさんが命名(笑)
ウミネコも、上面が白いと別のカモメに見えますね~キレイな個体でした♪

第1回冬羽
c0031561_2115588.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm ・トリミング
えらくずぶ濡れになってた個体…
一体、彼(彼女?)に何があったんでしょうねぇ?(^_^;)

c0031561_2133812.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm ・トリミング
ヒゲの生えた個体…
じゃありません!(笑)
ヒゲの正体は、ぐしゃぐしゃになった釣糸です…(-_-;)
すごく気にしていた様子で、困った顔をしていました。

カモメ類を観察していると、釣糸被害と思われる個体をよく見かけます。
私も釣りを愛する人間として、こういう光景を見ると心を痛めてしまいます。
このBLOGでも何度も言ってることですが
海底に引っ掛けたりして、どうしても回収できなかった釣糸に関しては、仕方ないにしても…
「(釣糸も含めて)出したゴミは持ち帰る」と言う最低限のマナーは守りましょう♪

シロネコは別格として…ウミネコは地元でも普通に見られるカモメなので
ちょっと気になったのを、ちょろちょろっと写すぐらいなのでした(^_^;)

                                                  …つづく
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-28 21:15 |  銚子カモメ遠征
銚子カモメ遠征 PartⅡ (プロローグ)
え~っと…順番なら23日の鳥見での出来事がまだなんですが…
今回のカモメ遠征の記事を先にアップしちゃいます(≧∀≦)ノ

まずは、ざくっと今回の行程を紹介します!
25日の金曜日は、普段通り仕事を終えて(しかも1時間残業)から
一旦帰宅し…荷物の準備 Σ( ̄□ ̄;)遅っ!
と、風呂に入ってから…道の駅西淡と言うバス停まで移動。
夕飯を食べる時間がなかったので、移動中にコンビニによってパンなどを買いました。

21:30発のバスに乗るはずなんですが…時間近くになってもバスが来ません(-_-;)
はっ!として、道の駅に置いてあったバスのパンフレットを見ると…
停車地は、高速道路のバス停の「志知」になってます Σ( ̄□ ̄;)
アタフタしだしたところに、バスの運転手さんが高速のバス停から様子を見に来てくださって
なんとか無事バスに乗ることができました(大汗)
いや~のっけからかなりヤバかったッス(;^_^A

夜行バスに乗り込み、夕食のパンを食べて、即!就寝…Zzz
翌朝、目覚めるともう東京(浜松町)です!
バスを降りてから、銚子行きのバス乗り場まで少し歩くかと思ってたんですが…
着いた場所が、銚子行きのバス乗り場なんですね~!? 歩かずに済みました♪

このバス乗り場で、今回ご同行くださる Fさん、Uさん、Mさん達と合流♪

6:45分、銚子行きの始発バスに乗り込み約2時間半…
バスに揺られて、うつらうつらしていると今回の目的地の銚子に到着です!

淡路を出発して銚子まで、約12時間ってとこでしょうか?(^_^;)
まぁ、ず~っと寝てるので楽って言えば楽です!
ただし…気をつけないと首を寝違えます(爆)

c0031561_21353451.jpg
銚子港の光景です。
この写真は、お昼ごろ撮りました。
c0031561_21564227.jpg
前の堤防を見てください。
右から左まで白い物体が並んでいるのが分かります?
この物体全部カモメです!しかも、これで全てじゃありませんし、ピークでもないと思います。
これだけの個体数から少数派のカモメを探すのは、なかなか至難の業で…
カモメ初心者な私だと尚更です(>_<)
結局、UさんやMさんに教えてもらってばっかりでした(^_^;)

この日は、天気もよく風も弱くて観察にはうってつけな穏やかな天気だったんですが
この天気が災いしたのか?
近くで観察できるポイントでは、カモメの姿は全くなく…全体的に遠かったです。
それでも、目的だったカモメも見ることができたので
成果としては上々だったように思います!
それと言うのも、UさんとMさんのアドバイスがあっての成果です!
一人だと、なかなかここまで…と言うか絶対に成果はあがらないだろうと思います。
この場をお借りして、ありがとうございましたm(_ _)m またよろしくお願いします(爆)
そして、Fさん!一緒にがんばりましょうね(^-^)b

そうそう!現地では、メール等で何度かお話したことのあるAさんともお会いしました!
「もしかしたら、会えるかなぁ?」なんて思ってたら、本当に会えました(笑)
Aさんともお会いできて良かったです♪

c0031561_2263969.jpg
[D70 : Ai AF-S Nikkor ED 300mm F/4D+TC-17EⅡ]

見られた種については、明日から順にアップしていきま~す♪
と言うわけで、しばらくカモメが続きます(^_^;)

                                                  …つづく
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-27 22:21 |  銚子カモメ遠征
現在、遠征中
c0031561_18391457.jpg

今…千葉県に来てます。
と行っても東京に向かうバスの中ですが(^_^;)
今晩発の夜行バスで帰りま~す!
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-26 18:39 |  銚子カモメ遠征
遠征出発です
危うくバスに乗り遅れるところでした(^_^;)
でも無事に遠征出発で~す♪
お土産を沢山撮ってくる予定です!

コメントをいただいた方々…
お返事は帰ってきてからになります。
どうぞご容赦くださいm(_ _)m

では…行ってきま~す(*`◇´*)/
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-25 21:43 |  銚子カモメ遠征
デジスコテストとカモメ (後編)
カモメを求めて次に向かった先は、西浦(※1)のとある漁港です。

しか~し!カモメの姿が見えません…(-_-;)
でも、すぐにピン!と来ました♪
昨シーズンの観察では、この漁港のカモメは、少し南の砂浜沖の一文字と行き来しているようです。
その一文字まで移動すると…
いました♪ いました♪
一文字に100羽ほどのカモメが休んでいました(^-^)

早速、スコープで1羽ずつくまなくチェックです。

セグロカモメ Vega Gull Larus vegae
c0031561_23221189.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 29.2mm ・トリミング
某掲示板にホイグリン(系)カモメ・幼鳥として投稿してしまいましたが…
よくよ~く見ると、セグロカモメ・幼鳥ですね(^_^;)
気付いて速攻で訂正しました(汗)
c0031561_23253332.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 21.7mm ・トリミング
こちらは、成鳥冬羽です。

モンゴルカモメ?
c0031561_23271913.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 21.7mm ・トリミング
個人的な見解では、白っぽさが際立って目立っていたことと…初列風切の換羽が早くほぼ終了していた(と思う)ことからモンゴルカモメ(第3回冬羽)かも知れないと思っている個体です。
モンゴルカモメ(Larus cachinnans mongolicus)と言うのは、現在はキアシセグロカモメの亜種だと考えられています。普通、モンゴルカモメの初列風切の黒い部分は、P4~P10までの7枚なのですが、この個体ではP5~P10の6枚までしか確認できませんでした。

アメリカセグロカモメ Herring Gull Larus argentatus smithsonianus
c0031561_23353452.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 17.3mm ・トリミング
『カモメ識別ハンドブック』では、ウスセグロカモメの名前で紹介されています。正式和名は、まだ決まっていないようで…カモメ好きの間ではスミスと呼ばれることが多いようです。
背中の灰色部分がセグロカモメよりも淡く、虹彩はスッキリした黄白色と言うのが、特徴のようです。
この個体は、カモメの巨匠に写真を見ていただき「たぶんアメリカセグロでいいと思います」と言うお返事をいただきました(^-^)
「たぶん…」と言う部分が気になるところではありますが…まぁ、いいでしょう(爆)
と言うわけで、ライファーGETです(笑)

ホイグリンカモメ Heuglin's Gull Larus heuglini
c0031561_234454100.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 21.7mm ・トリミング
足の色が、黄色または黄色味がかったピンク色で、背の灰色が濃く、クチバシの赤斑もセグロカモメに比べて大きいのが特徴です。
この個体も巨匠に見ていただき「ホイグリンカモメでいいと思います」とのお言葉をいただきました♪
これまでホイグリン(系)カモメ(※2)は、地元でも何度も見てますが…ホイグリンカモメは、初めてです♪
と言うわけで、ライファーGET Ⅱです(笑)

ホイグリンカモメは、ホイグリン系を何度も見ていることから…「きっと地元でもそのうち見れるやろ~」と思っていましたが、アメリカセグロカモメにも会えるとは思ってもみませんでした^^
嬉しい誤算です♪

さぁ!明日の夜から、関東の某超有名カモメポイントへ遠征に行ってきます♪
今回はどんなカモメに会えるのか?今からとても楽しみです(^-^)


[用語説明]
※1 )淡路島の瀬戸内海側、海岸線のことを総じて「西浦」と呼びます。
※2 )ホイグリンカモメの特徴を持ちつつも、背の色が濃くないなど決め手に欠けるカモメのことをホイグリン(系)カモメと呼んでいます。
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-25 00:01 |  カモメウォッチング
デジスコテストとカモメ (前編)
先日紹介した新作アダプターのテストと、翌週に控えたカモメ遠征の予習ってことで
島内のカモメ渡来状況をチェックしてきました!

まず向かった先は…I漁港です。
しかし、潮の時間帯が悪いのか?干潟の姿は見えず、少数のカモメが堤防上で休んでいる姿が見られただけで、特に大型カモメが少なくってセグロカモメ1羽とオオセグロカモメ2羽が見られただけでした。

オオセグロカモメ 第4回冬羽 Larus schistisagus
c0031561_2017593.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 21.7mm ・トリミング

セグロカモメ 成鳥冬羽 Larus vegae
c0031561_20271111.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 21.7mm ・トリミング

大型カモメの姿が少ないってことで…早々と退散しようと思った矢先に、近い場所でコサギが餌を狙っている姿を発見!
新作アダプターとA620のデジスコテストのためにしばらく相手になってもらいました(^^)

コサギ Egretta garzetta
c0031561_20314059.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm
新作アダプタとA620の組み合わせでは、デジカメの倍率を変更する度にアダプタの位置を調整する必要があるのですが…調整失敗ですねぇ、周辺減光が出てます(^_^;)
近くにいたハクセキレイも撮ってみたり~♪

ハクセキレイ Motacilla lugens
c0031561_20374319.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 12.6mm
ハクセキレイのように動きの速い鳥は、ツライっすねぇ(汗)

次に向かったのは、対岸の埋立地(^^;)
先日、突如現れたと言うある鳥の姿は見れませんでしたが…今シーズン初認のタヒバリ♪

タヒバリ Anthus spinoletta
c0031561_2043559.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm
ここも早々と切り上げて…
次の目的地にしてたI神宮への道中、某池に立ち寄ってハシビロガモの飛来状況をチェック!
私は基本的にカウントはほとんどしないのですが…ハシビロガモも例年ぐらいの数がやってきてました(;^_^A

ハシビロガモ Anas clypeata
c0031561_20503215.jpg
[TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620] 7.3mm
で…ここでもデジスコテスト(笑)
前回のトビは、ここで撮影しました(^^ゞ

この後、I神宮に行ったものの…七五三参りの参拝客など数組が境内を歩いているのが駐車場から見えたので…パスっ!(爆)
近くのK公園にふら~っと立ち寄って、ビンズイに弄ばれてから
次なるカモメポイントへ向かったのでした。。。

                                                  …つづく
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-23 20:58 |  カモメウォッチング
11月23日 淡路半周
今日は、本当なら徳島へ行ってPさんやYさんと一緒に こんなシーン を撮影する予定だったのだが…Pさんが仕事で都合がつかなくなったってことで、地元で探鳥することにした。

三熊山の小鳥を見に行く道中で、某養殖池のカモをチェック!
この池は、キンクロハジロがある程度まとまって見られる池で、今日は33羽のキンクロハジロが見られた。淡路では、何故か?オナガガモ、キンクロハジロ、ホシハジロと言った他所では当たり前のように見られるカモが少ない…

↑ カンムリカイツブリ
同池では、カンムリカイツブリも1羽見られた。

次の三熊山では、到着早々にルリビタキの声が聞かれ「これは期待できるぞ〜」と意気込んだが…後が続かず
結局、ツグミやビンズイの姿さえも見ることができなかった…(-_-;)

次に向かった先は、生穂漁港!ここではカモメが目当て!
20日よりは大型カモメの数は増えているが…数的にはまだまだ知れている。
それでも今シーズン初の(ただ)カモメを1羽見ることができた。
20051123192019.jpg
↑ (ただ)カモメ 幼羽

更に北上して次に向かった先は、淡路島公園
三熊山で外した小鳥とオシドリが目当てだったが…小鳥は数えるほどしか目撃していない。
オシドリも居るには居たのだが、遠くて…しかも逆光でよく見えないような状況(-_-;)
20051123194204.jpg
↑ オシドリ
オシドリを無理やり撮影している時にトンボを発見♪(笑)
20051123192027.jpg
↑ タイリクアカネ
しかし…まさかこの時期になって、しかも野鳥モードに戻っているのにトンボのライファーを追加できるとは思ってもみなかった(^_^;)

トンボを撮影している時に、ある方から電話…なんとdc_kenさん!

「実は今、淡路に来ているんですけど〜(中略)〜どこかカモメのポイント教えてください」と言う内容の電話で「それでは」と、鳥飼漁港を紹介して自分も現地へ行くことに!…と言っても元々行くつもりだったのだが(笑)
今日の鳥飼漁港は、ホイグリン(系)カモメが1〜2羽見られたぐらいで特に変わったのも見られなかったのだが、dc_kenさんと夕暮れまでカモメを観察して今日の鳥見を終えた。

こうして振り返ってみると…今日は淡路島を鳥見しながら半周したことになるなぁ(笑)
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-23 19:54 | 探鳥記録(淡路)
A620でデジスコ!
今日は、月末に予定しているカモメ遠征に備えて…島内でカモメを見に行ってきたのですが、それはまた後日(^_^;)

先日、「雑記帳」でも紹介しました、A620用のデジスコアダプタを試してみました。

トビ
c0031561_21272695.jpg
TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620
焦点距離: 7.3mm(W端)
測光方法: マルチパターン測光
ホワイトバランス: 晴天モード
絞り: F3.2
シャッタースピード: 1/320s

c0031561_21304412.jpg
TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620
焦点距離: 17.3mm (約2.4倍)
測光方法: マルチパターン測光
ホワイトバランス: 晴天モード
絞り: F3.5
シャッタースピード: 1/200s

オオセグロカモメ 1st Winter
c0031561_21412837.jpg
TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620
焦点距離: 14.9mm (約2.0倍)
測光方法: マルチパターン測光
ホワイトバランス: 晴天モード
絞り: F3.5
シャッタースピード: 1/200s

c0031561_21472890.jpg
TSN-664+TSE-14WD+PowerShot A620
焦点距離: 29.7mm (T端・約4倍)
測光方法: マルチパターン測光
ホワイトバランス: 晴天モード
絞り: F4.1
シャッタースピード: 1/100s

※画像は全て リサイズ後、PhotShop Elementsにて、レベル補正+アンシャープマスク(輪郭のみ)処理を施しています。

A620の場合…倍率によってアダプタの位置を微調整してやる必要があるのですが
W端~2倍まではケラレ,周辺減光共になく良好ですが
2倍以上になると周辺減光が発生してしまうようですねぇ…
私の場合、元々デジスコでの撮影は 『証拠写真』 と割り切っているのでズームも多用するのですが…周辺減光が出るとなると、更に割り切る必要があるのやも…( ̄□ ̄;)

そんな、今日このごろ・・・・・
[PR]
by MSKD019 | 2005-11-20 21:55 | 機材ネタ


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧